京都ビッグデータ活用プラットフォーム 第7回 全体会議を開催しました

2021年03月31日 京都ビッグデータ活用プラットフォーム 第7回 全体会議を開催しました

2021年3月18日(木)、第7回京都ビッグデータ活用プラットフォーム全体会議を開催しました。

今回は、けいはんな学研都市として目指すべき未来をテーマに京都、大阪、奈良においてスマートシティを進めるリーダーが集結し、
スマートシティや IoT等の先進的な取組を共有する「特別パネルセッション」を実施しました。

また、今年度の活動報告や次年度の進め方について事務局から説明しました。

1.開催日時

2021年3月18日(木) 13時~15時

2.開催方法  

Webセミナー形式

3.参加者 

121名(57企業・18団体)

4.主催  

京都ビッグデータ活用プラットフォーム運営協議会
((一社)京都スマートシティ推進協議会 / (公財)京都産業21 / 京都府文化学術研究都市推進課)

5.概要 

(1)特別パネルセッション
  「けいはんな学研都市から考えるスマートシティの未来」

<登壇者>

京都府      副知事 山下 晃正 様
大阪府四條畷市  市長  東 修平 様
奈良県生駒市   市長    小紫 雅史 様


<ファシリテート>

INDUSTRIAL-X   代表取締役  八子 知礼 様

 

(2)令和2年度京都ビッグデータ活用プラットフォーム活動報告について(事務局)

  会員数の動向やWG活動等を報告

 

(3)令和3年度の進め方について(事務局)

令和3年度からデータ利活用サービスの提供についてスキーム検討中。
サンプルデータの御提供や提供してほしいデータの要望がありましたら、京都スマートシティ推進協議会事務局
まで御連絡ください。

<連絡先> info ”at” smart-kyoto.or.jp  ※atを@に置き換えてください。

 

 

 

★ 事務局説明動画(R2年度活動報告、R3年度進め方)

開催概要

他のお知らせを見る