京都ビックデータ活用プラットフォーム「コミュニティ/実証・事業化WG」R4年度募集案内

2022年04月25日 京都ビックデータ活用プラットフォーム「コミュニティ/実証・事業化WG」R4年度募集案内

 京都ビックデータ活用プラットフォームでは、以下のとおり「コミュニティ/実証・事業化WG」について募集しておりますので、ご確認の上、ご応募下さい。

 

1 募集概要

(1)コミュニティ/実証・事業化WGについて

   この度、コミュニティ(※1)/実証・事業化WG(※2)を新設いたします。京都ビッグデータ活用プラットフォーム会員

  (以下、KDBP会員)から、それぞれ取り組みたいテーマの募集及び参加者マッチングを行い、各会員のニーズに応じたコミュ

  ニティ/実証・事業化WGの組成を支援します。

   各WG等の取組が具体的な成果につながるように、事務局から定期的な助言やネットワーキング支援、取り組みの広報支援、

  各種補助金情報や最新関連情報の提供などを行います(詳細は4各種資料概要参考)。是非、ご応募よろしくお願いいたします。

 

【参考:昨年度の課題別WG等の活動はこちら→https://smart-kyoto.or.jp/past_activities/

 

(※1)コミュニティ・・・・・会員の皆様がより自由に課題感を共有し、共同で解決策を議論するなど、組織を超えて活発なネットワーキングを

               可能とする場のこと。このような場を事務局がご提供します。

(※2)実証・事業化WG・・・自治体から民間企業への提案募集(事業アイディア・実証実験)や、民間企業から自治体への自由な事業提案など、

               課題解決に直結するWGのこと。このようなWGの立ち上げ及び活動を事務局がサポートします。

 

(2)コミュニティ/実証・事業化WGの組成までの流れ

   コミュニティ/実証・事業化WG組成の応募者が自らオーナーとなり、スケジュール、アウトプット創出等、裁量を発揮いただきな

  がらコミュニティ/実証事業化WGを運営していただきます。

(3)募集対象

   京都ビッグデータ活用プラットフォーム会員

(4)提出書類

  ・提出様式1:コミュニティ提案募集フォーマットもしくは提出様式2:実証・事業化WG提案募集フォーマット

  ・その他の補足資料(様式自由)

(5)提出期限

   5月20日(金)

(6)提出方法

   京都ビッグデータ活用プラットフォーム事務局(以下連絡先)にメールで御提出ください。

(7)留意事項

  ・1 団体から複数提出いただいても結構です。

  ・ご質問あれば、以下までお問い合わせください。

  ・各資料を提出後、必要に応じて、ヒアリングを実施いたします。

  ・提出いただいた内容を公表し、参加募集を実施します。参加者が集まらない場合は、

   WG等の組成ができない場合がありますので、その場合はご容赦ください。

 

2 主なスケジュール

(1)コミュニティ/実証・事業化WGのテーマ募集(4/27(水)~5/20(金))

(2)事務局ヒアリング(提出後~5月下旬)

(3)参加者募集(5月下旬~6月上旬)

(4)マッチング/組成、活動開始(6月中旬~)

 

3 問い合わせ

  京都ビッグデータ活用プラットフォーム事務局(京都府文化学術研究都市推進課)

  メールアドレス:info@smart-kyoto.or.jp / 電話番号:075-414-5195

 

4 各種資料

 ※各種シートについては、適宜ご修正下さい。

 ・コミュニティ/実証・事業化WG概要

 ・提出様式1:コミュニティ提案募集シート

 ・提出様式1-2:コミュニティ参加希望シート

 ・提出様式2:WG提案募集シート

 ・提出様式2-2:WG参加希望シート

他のお知らせを見る