京都パブリックデジタルサイネージについて

京都府パブリックデジタルサイネージの概要

京都府の主要な観光玄関口や交通結節点にデジタルサイネージを14台設置。スマホやSNS等と連携した次世代のインタラクティブサイネージ。一人一人のニーズに合わせた観光情報の提供により、国内外の観光客の利便性向上と周遊観光を促進。
サイネージを活用した様々な実証実験の実施やビジネス創出を支援します。

パブリックデジタルサイネージ設置図

各設置場所の詳細

パブリックデジタルサイネージの主な機能

パブリックデジタルサイネージ(主なコンテンツ)

基本コンテンツ
動画放映 サイネージ上部の動画領域が自動ロール。動画のオーバーレイも可能。
時刻表 設置各所の交通各社(電車、バス等)の時刻表を掲載。
京都の体験 MBS様のWebサービス「京都知新」から京都の工芸体験等の予約ができる体験知新を掲載。サイネージ上から体験を選択しスマートフォンから予約が可能。
イベント情報 設置各所周辺のイベント情報をカレンダー形式で掲載。
周辺地図 Google Mapを使用した周辺地図を表示。行きたい場所へのルート表示機能もあり、スマートフォンにダウンロードが可能。
天気情報
(災害情報)
京都危機管理Webの情報をリアルタイムで配信。京都府内の天気や注意・警報を表示。緊急時にはオーバーレイテロップで緊急情報も配信。
コンシェルジュ タッチするとサイネージ上部の動画領域に日・英・中3言語対応可能なコンシェルジュコールセンターに繋がる。
サイネージ
利用方法
サイネージ自体の利用方法のガイドを掲載。
SNS情報
(Localive!)
Spectee社が提供する SNSから画像を取得するLocalive!サービスを表示。嵐山、太秦、北野線沿線、かやぶきの里、伊根の舟屋、JR宇治駅、石清水八幡宮、阪急長岡天神駅、天橋立、福知山城の10箇所のエリア周辺のSNS情報を表示。
リアルタイム
映像配信
サイネージ上部の動画領域をリアルタイム映像に切り替え可能。

デジタルサイネージ広告掲載について

設置場所 設置面数 放映時間 放映回数 広告設定枠 ロール 放映開始 期間 秒数
① 京福電鉄北野白梅町駅(京都市)1.7千人/日 1面
(約 縦383㎜×横680㎜)
6:00~23:45 106 20枠 10分 月初 1か月 15秒
② 京福電鉄西院駅(京都市)4千人/日 5:00~24:28 116
③ けいはんなプラザ(精華町)3百人/日 7:00~19:00 72
④ TIC TOKYO(東京都)80万人/日 9:50~19:00 55
⑤ 阪急ツーリストセンター大阪・梅田(大阪市)50万人/日 7:50~17:05 55
⑥ トロッコ嵯峨駅(京都市)1千500人/日 5:30~23:50 110
⑦ JR京都駅西口広場(京都市)50万人/日 8:00~18:00 60
⑧ 京都丹後鉄道天橋立駅(宮津市) 9百人/日 7:00~23:00 96
⑨ けいはんな記念公園(精華町)1千人/日 5:30~23:50 110
⑩ 京都丹後鉄道網野駅(京丹後市)4百人/日 9:00~22:00 78
⑪ JR長岡京駅(長岡京市)2万人/日 4:55~25:00 120

掲載動画仕様

(1)ファイル形式等 MP4、15秒以内、音声なし ※ サイネージ広告は音声は流れません。
(2)解像度 1080p フルHD(1920x1080)
(3)容量 4GB以内

サイネージから取得できるデータ